プラクティスセミナー

  

知ってるようでなんとなく曖昧だったり、わかったつもりで自信がなかったり。根拠や意味を知り、日々のケアを洗練させたい!いまこれが知りたい!プラクティスセミナーではそんな想いに応える演題を企画しました。ビギナーはもちろん、日々臨床で奮闘するすべてのクリティカルケアナースにお勧めです。

セミナー ラインナップ

  チェストドレーンの安全管理について基礎から学びましょう!

リークが無くなった!大丈夫?チェストドレーンの安全な管理

普段から使用している胸腔ドレナージ。何となく管理はしてるけど、実はよく知らないところや、曖昧にしてしまっているところはありませんか?本セミナーでは、安全な胸腔ドレナージ管理に必要となる基礎知識から、実践的な知識まで獲得できる内容となっています。

後小路隆 先生
社会医療法人陽明会小波瀬病院 診療看護師/救急看護認定看護師  
アップルパイ訪問看護ステーション看護師 齋藤透さんに作成いただきました。

  早期離床!上手くいくいかないもあなたの看護次第!

一歩進んだ 早期離床~整いました!早期離床のコンディショニング~

重症患者のゴールは「救命」だったのはひと昔前の話です。今は「入院前の生活ができる救命」がゴールです。そのためには覚醒を促し、チームで協働した離床が必要になってきます。でも、早期離床とはどうしたらいいのでしょう?
学校では教わらないし、先輩も教えてくれない…どう勉強したらいいかもわからない。そんなあなたに安全で効果的な離床の整えかた、教えます。

鮫島 真奈 先生
東京品川病院

  根拠のある早期離床できていますか?一緒に学びましょう!

一歩進んだ早期離床(アドバンス)

重症な病態が患者にもたらす影響は、ICUを超えて病棟や在宅にまで及ぶことがわかってきました。ここでは、一つ一つケアの根拠を明らかにし、何故その介入が必要なのかを学びます。予防するための介入は決して特殊なものではありません。
病態の異なる患者への介入にも対応可能になるでしょう。「ベーシック編」で学んだ離床の基本を、より実践的に明日から活用してみましょう。

柳田 和之 先生
福岡和白病院

  たかが輸液、されど輸液

もしかしたら、患者さんの明日をにぎっているかもしれません…。

輸液療法を理解する!はじめの一歩

日々の臨床において頻度が高い輸液療法ですが、難しく感じて苦手意識を持つ人も多いと思います。必要なことと思いながらなんとなく敬遠…。今回はそんな思いを持つ方々と、輸液療法の基本となる入り口から振り返っていきたいと思います。明日から、輸液の見かたや指示の捉え方がきっと変わるはずです!

小林 奈美 先生
町田市民病院ICU・CCU看護師長
クリティカルケア認定看護師

  いつも使っている昇圧剤
看護の力でもっと安定させちゃいませんか?

【エキスパートが考える、循環作動薬】

ICUでは日常のように使われている循環作動薬、特に緊張感を持って投与しなければいけないのは、昇圧剤です。今回のお話は昇圧剤を中心に当たり前のことを今一度掘り下げて考えてみようと思います。普段やっていることの確認や、「これで良かったのかなー」の確認になれば良いと思っています。自信がある人もそうでない人も、是非お立ち寄り下さい。

伊藤貴公 先生
平塚共済病院 集中治療室主任/集中ケア認定看護師

  かなり痛い、術後の痛み
基本をもう一度学ぶことが効果的な鎮痛の第一歩かも!?

麻酔後合併症と術後疼痛管理の基礎

硬膜外麻酔しているのに痛がってる?麻酔のあと気を付けることって?・・など、術後患者さんで疑問に思ったことはありませんか。麻酔看護のエキスパートが、明日から使える基礎知識から実践例まで、わかりやすく解説していきます。

吉田奏 先生
聖路加国際病院 麻酔科・周術期センター 周麻酔期看護師

  VAP予防を目指す前に、あなたの力で目指してみませんか?
きれいな口ときれいな息を

挿管してても口腔ケアは大切

気管挿管患者の口腔ケアが大切なのはわかっているけど。VAPは怖いし、チューブの管理も難しい。そんな悩みを解決するべく、本セミナーでは、臨床で活躍するエキスパートが実際にどのような物品を使用し、どのように口腔ケアを実践しているのかをご紹介します。臨床で挿管患者の口腔ケアを実践している皆様にお勧めの内容となっています。

井上智子 先生
京都大学医学部附属病院 集中治療部 集中ケア認定看護師 
アップルパイ訪問看護ステーション看護師 齋藤透さんに作成いただきました。

  体温は機器で管理しています。
では、患者さんを管理しているのは?そう、あなたです!!

これだけ知っておけば大丈夫!低体温療法の基本をマスターしよう。

脳低体温って何が良いの?どうやって行うの?何に気を付けたら良いの?本セミナーでは、脳低体温療法のエビデンスや患者管理に必要となる基本的知識についてお伝え致します。
脳低体温療法に疑問を持っている若手からエキスパートまでお勧めの内容です。

嶋岡征宏 先生
山口大学医学部附属病院 先進救急医療センター 急性・重症患者看護専門看護師  
アップルパイ訪問看護ステーション看護師 齋藤透さんに作成いただきました。

  苦手がちなパラメーター
エキスパートの考え、教えを学びましょう!

循環管理、はじめの一歩~パラメーターから何がみえる?どう活かす

患者管理に欠かせない様々な循環パラメーター。でも実は、何となく数値だけ記録していた、数値の意味をよくわかっていなかった。患者管理にどのように活かせば良いのかわからない、とお困りの事もあったのでは。本セミナーでは基本的な循環パラメーターをどのようにアセスメントし、看護に活かせば良いのか解説致します。
臨床で頑張る新人さんからベテランさんまで全てのナースにお勧めです。

石田幹人 先生
国立病院機構関門医療センター集中治療室 副看護師長/集中ケア認定看護師
アップルパイ訪問看護ステーション看護師 齋藤透さんに作成いただきました。

  最近話題のエ・ク・モ いったい、なんなんだろう?
って方も是非立ち寄って聞いていって下さい!

V-V ECMOとV-A ECMOの違いから見えるECMO管理

本セミナーを作成していて、私も若手の頃ECMOの患者さんを受け持てるように必死に勉強したのを思い出しました。
今、絶賛ECMO勉強中という方々に少しでもECMOについて、理解を深めてもらえたらと良いなと思いながら、本セミナーを作成しました。興味のある方は、是非見て頂けたらと嬉しいです。

高田誠 先生
宇治徳州会病院 集中治療室副主任/集中ケア認定看護師

もう怖くない:bangbang:
CRRT中の観察ポイントとアラーム対応

腎代替療法(CRRT)は急性腎障害を伴う重症患者に適応があります。しかしながら、それ以外の様々な場面で必要とされることがあります。「初めて見るときに戸惑いたくない」「学ぼうと思っていたけど時間がなかった」「久しぶりに見るので怖い」「後輩に教える立場になったので理解したい」と思っているCRRT初学者から上級者まで、エキスパート臨床工学技士がやさしく、わかりやすく教えます。

伊藤 朋晃 先生
小倉記念病院

 これって、凄い鼻酸素ですか?いえいえ違います
QOLはそのままで、治療効果は絶大です!

HFNC はじめの第一歩~基本からケア・ちょっとだけCOVID‐19

HFNC(ハイフローネーザルカニューラ)は、いわゆる酸素療法です。皆様が一番馴染みのある酸素投与デバイスである経鼻カニューレや酸素マスクと似たような治療法です。だから苦手意識を持ってほしくない!結構単純で簡単だよ。このコンセプトで本セミナーは、解説していきたいと思います。そして、HFNCはCOVID-19にも広く応用され始め、今では多くのEBMが発表されています。COVID-19に対するHFNCの使用方法や効果、患者ケアについて皆様と共有できれば嬉しく思います。

畑中晃 先生
京都岡本記念病院 臨床工学科 副技師長
アップルパイ訪問看護ステーション看護師 齋藤透さんに作成いただきました 。

 気になるけどよくわからないグラフィック、明日からあなたもお友達

人工呼吸器は友達!「グラフィックモニターから見えるケア」

人工呼吸器ってチェック項目が多くて結局何をみているのだろう?SPO2の値が良いからとりあえずOK、換気量?気道内圧?グラフィックモニターはもうお手上げ。ただ、やっぱりちょっと気にはなります。そんな少しの興味を持ってくれた人は、一緒にグラフィックモニターから見えるものを見ていきましょう。

前田 倫厚 先生
京都岡本記念病院 特定集中治療室  主任 集中ケア認定看護師/特定看護師

 気管切開した患者の笑顔をみるために必要な知識を学ぼう!

【”安全な発声までの道のり” 〜気管切開患者の声を取り戻そう!〜】

 気管切開術の基本からカニューレの種類や構造、気管切開管理の注意点と観察ポイントを丁寧に説明します。気切患者の発声は、本人だけでなく、周囲のスタッフも最高の笑顔にしてくれますよ。発声までの道のりをともに学びましょう.。

伊藤孝博 先生
京都岡本記念病院 言語聴覚士 主任 

 患者の見えない部分を見える化することでケアに活かしてみよう!

明日から使えるエコーの見方、活用方法

斎藤 岳史 先生
聖マリアンナ医科大学病院 看護部

 もうシーツを濡らさない!
プロの洗髪の極意お伝えします

プロの洗髪はここが違う!!美容師による洗髪の極意

株式会社MIC  清水太郎 先生
        山口友香 先生
株式会社CLEF 石井貴行 先生

 重症患者の褥瘡予防
今まさにEBPが求められる

この社会を変えるのは「誰」なのか?

南條裕子 先生
東京大学医学部附属病院

  大切な人の思いを共有できる素敵なツールで意識が変わる!

この社会を変えるのは「誰」なのか? 
~デジタルリビングウィルで守るあなたの意思~


荻沼 久美子 先生、峯尾 舞 先生
医療法人社団KNI 北原国際病院

   AmiVoiceの素敵な活用を理解するならここ!

病棟でのAmiVoice活用の工夫と今後の取り組み

高井 利奈 先生
前橋赤十字病院

   AmiVoiceの素敵な活用を理解するならここ!

AmiVoiceでスピードアップ
音声入力による看護記録時間短縮への取り組み


小西 香 先生
柏葉脳神経外科病院 人事・総合教育部

共催:株式会社アドバンスト・メディアのHPにも紹介いただいています。
h
ttp://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/20418

視聴後アンケートがありますので、ご協力お願いいたします。
https://questant.jp/q/X3ACA7L9

眠りスキャン!眠りが見えるだけじゃない!

デジタル化で変わる看護ケア!?睡眠が“見える化”されて分かった新たな気づき

師長 武田理香先生 副師長 清水美紀先生
聖マリアンナ医科大学病院 外科病棟


視聴後アンケートがありますので、ご協力お願いいたします。
https://media.paramount.co.jp/entryform030-nemuriscan202107/

誰もが困ったCOVID-19受け入れ!
呼吸管理を理解してみよう!

COVID‐19患者受け入れを経験して
呼吸管理を中心に


当院では、2020年2月に初めてCOVID-19の患者受け入れを開始しました。
エビデンスもガイドラインもない中医療を提供してきました。
今回のプラクティスセミナー21では、当院におけるCOVID-19患者の受け入れを経験して臨床工学技士の立場から、呼吸管理を中心にお話をさせていただきました。約90分の講義内容となっておりますが、是非参考にして頂ければ幸いです。

五十嵐 義浩先生
聖マリアンナ医科大学病院 CE

COVID-19管理で知っておくべき事を学ぶならここ!!

ICUにおけるCOVID-19呼吸療法・感染対策と看護のジレンマ
~ICTの考え、現場の気持ち~

伊藤 雄介 先生
宮本 真奈美 先生
兵庫県立尼崎総合医療センター

みんなが知りたい新・褥瘡予防戦略!

急性期重症患者の新・褥瘡予防戦略

志村 知子 先生
日本医科大学付属病院

VUCAな世の中をのりきるには睡眠!

科学的視点で考える睡眠薬の適正使用
~VUCAな世の中だからこそ睡眠薬の適正使用を始めてみよう~

加藤 豊範 先生
小林記念病院 診療技術部 薬剤科長

私達の身近にある電磁波!理解してみよう!

送電線の電磁波って危ないの?-WHOの見解を紹介します-

大久保千代次先生(発表者) 木下浩一先生
一般財団法人電気安全環境研究所電磁界情報センター

知っておきたい栄養のこと基礎から学べます!

全てに繋がる「栄養」(ベーシック)

森 みさ子 先生
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

  栄養をもっと知りたいケアしたいあなたへ

重症患者の栄養管理とケア(アドバンス編)回復へと導く栄養管理

清水 孝宏 先生
日本看護協会 看護研修学校

            

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。