ハンズオンセミナー

昨年からコロナ禍でWEB研修ばかりになってしまいました。そのような状況でも、本学術集会は少しでも皆さんと意見交換しながら双方向のライブセミナーを企画しました。このハンズオンセミナーでは、エキスパートたちの実践を言葉で伝えてもらいます。すごいな~と思うだけではなく、それらを明日から活かすためにはどうすべきかを伝えられるように企画しています。この機会に普段聞けないような質問も遠慮なく聞いて、ぜひエキスパートの実践を盗みましょう。



陰部清拭用ワイプシート・腹腔内圧測定用デバイス・便失禁ケアシステム

メディコン

7月3日(土)11:00-12:00

初めて聞いたような製品から何となく知っている製品まで。それぞれ対象症例は異なりますが、どのような製品か?どういった製品だったか?気になる方はぜひご視聴ください。

心肺蘇生後患者に起こりうる弊害回避と適切なアセスメント 
-当院の使用経験を基にしたハンズオンセミナー

共催:株式会社メディコン/アイ・エム・アイ株式会社 

7月3日(土)13:00-14:00

ICUの面会について考える〜制限の中でできること〜

7月4日(日)11:00-12:00

面会制限を緩和した方が良いって聞いたけど、どうしてる?努力はしてるけど…最近はコロナのこともあるしね。ちょっと家族とコミュニケーションがとれる面会について考えてみない?

明日から活かせるECMO看護の実際

7月4日(日)12:30‐13:30

コロナでECMOって良く聞くようになったけど、重症呼吸不全で使う機械ですよね。えっ!?心臓の補助も出来るのですか?何が違うのかな…いやいや、そんな難しくないから、ちょっと話聞いてみてよ。

あるある事例で考えるVAE予防ケア

7月4日(日)14:00-15:00

VAEってVAPと何が違うの?サーベイランスとかって感染制御部の人たちがいつもやってるし、何か今更きけないよね…でもこのままで大丈夫かなぁ。人工呼吸器はいつも看なくちゃいけないしね。いつもみるような事例から説明してくれる予防ケアってやつ聞いてみよっか。

すぐ実践!失敗しない早期離床を進めるためのコツ

7月10日(土)10:30-11:30

早期離床が必要ってことはわかってますよ。どうやってるかって?呼吸や循環が落ち着いたら起こしてみて…安静を促すのは得意だけど、安全に離床するのに迷うことが多いかも。ここは専門家に聞いてみようよ。

特定看護師が実践する明日から活かせるケアのコツーNPPVー

7月10日(土)12:00-13:00

NPPVってどんな人に使ってる?あれって結構空気漏れるし患者さんも辛そうで大変…挿管した方が管理しやすいかもって思っちゃう。でも挿管すると合併症もあるしね…NPPVのメリットって何だろう?どんなケアしたら良いか…そこはやっぱりエキスパートに聞いてみようか!

腹臥位療法-長き夜を安心して過ごすために-

協賛:パラマウントベッド株式会社

7月10日(土)14:00-15:00 

研究推進委員会企画

今だからこそ事例研究で看護を発信!ー事例研究を始めたい人に聞いても

7月10日(土)15:30-16:30 

今だからこそ事例研究で看護を発信!
事例研究を始めたい人に聞いてもらいたい座談会

昨年より新型コロナウィルス感染症が猛威を振るい、重症患者の医療を担う集中治療室の様子が度々報道されます。「ごめんね、ちょっと横向くね・・」防護服を着用したICU看護師が挿管中の患者に声を掛けながらケアしている場面、『大変』というメッセージだけではなく、ICU看護師は何を『大切』にして実践しているのかを発信したいと思うようになりました。今だからこそ、事例報告を事例研究に発展させたい、そのきっかけづくりにしたいと考え、この座談会を企画いたしました。是非、皆さまの参加をお待ちしております。

研究推進委員会企画 にご参加いただいた方向けに、今後の委員会活動に活かすことを目的に参加者アンケートを実施しております。ご協力お願いいたします。

口腔ケア委員会企画

7月11日(日) 13:00-14:00

気管挿管患者の口腔ケア実践ガイド公表
重症患者のオーラルマネジメントと今後の課題

「気管挿管患者の口腔ケア実践ガイド」公開 令和3年2月

集中治療を受ける重症患者の多くは、高度侵襲と治療に伴う絶食時期があり、嚥下機能低下と口腔内環境の変化に伴う口腔粘膜の変化を含む合併症の予防が必要である。重症患者の口腔ケアの目的は、口腔機能を低下させないことにあり、それによって患者の合併症予防と回復の促進をもたらしている。そのため昨今では、重症患者のオーラルマネジメントの考え方も重要視されている。重症患者のオーラルマネジメントにおける看護師の役割は、口腔内の観察とアセスメント、ケアの実施とその評価を含めて継続的なケアが患者に施されるようマネジメントしていくことが必要で、今後「気管挿管患者の口腔ケア実践ガイド」が活用されることを期待している。 

<司会> 
  佐藤憲明 日本医科大学付属病院  北村愛子 大阪府立大学

<演者>
・重症患者のオーラルマネジメントと口腔ケア実践ガイドの活用と今後の展望
   岸本 裕充  兵庫医科大学歯科口腔外科学講座   

・口腔ケアに必要なアセスメント
   田戸 朝美  山口大学大学院医学系研究科   

・物品管理とポジショニング         
   門田 耕一  岡山大学病院 総合診療棟ICU/CICU 

・ブラッシングケアと洗浄法            
   安藤 有子 関西医科大学附属病院 看護部    

・口腔内の清拭と粘膜ケア          
   剱持 雄二  東海大学医学部付属八王子病院看護部

教育委員会企画

7月17日(土)13:00-14:00 

Lightning Talkでつなぐ 
2020年看護基礎教育×継続教育 
ー危機状況下での取り組みとこれからのアジェンダー


2020年は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)とともに過ごした1年でした。このセッションでは、⼤学教員、ICU管理者、EICU管理者としての⽴場から、COVID-19拡大という危機状況下において変化を求められ、対応したクリティカルケア教育の実⾏プランやリアルな姿をLightning Talkでつなぎます!話題提供を通じ、これからのアジェンダについて一緒に考えませんか。


毎日新聞中部版2021年7月21日より転載

Lightning Talk①

オンラインクリティカルケア看護実習における学びを保証する取組み

Lightning Talk②

ICU管理者としての経験:新⼈看護師や既存のスタッフの育成と成⻑

Lightning Talk②

EICU管理者としての経験:他部署スタッフをICUに迎えての教育





WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。