[広報担当のつぶやき]

[広報担当のつぶやき]

本学術集会のメインテーマは『多様性:ダイバーシティ』です。昨今、よく取り上げられる言葉なので、耳にしたことがある方も多いと思います。
クリティカルケアに関わらず、「一人ひとりの多種多様な価値観や考え方、能力/スキルを認め、組織で個人が活かされる」ことが医療界にも求められていると思います。

「多様性を認める」って簡単なようですが、経験から沁みついた価値観や慣習、同調バイアスが、それを阻んでしまっていることもあります。さらに、多様性を認め、個人・組織のパフォーマンス改善につなげる、となるとさらに難しいのではないでしょうか。

多様性を認め個人・組織パフォーマンスを改善するためには、最新知見、様々な価値観を持つ人の話、他施設での取り組みやエキスパートの思考・行動を知り得て、自身自身や組織の価値観や慣習・思考・行動を批判的に内省し、学びほぐすことが重要だと思います。


多くの施設での取り組み発表、有識者による様々な講演等が詰まっているのが、学術集会だと思います。
一人だけが学びほぐしても、部署レベルでは変わらない/変えられないということもあると思います。ぜひ周囲のスタッフを誘い、部署のみんなで学びほぐしをしてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。